親父の小言とボディブロー

人生折り返しの子育て世代。世知辛い世の中を面白く生きるためのあれこれと雑記

まだ1月だけどふるさと納税はお早めにしなければならない理由

本記事は2019年1月17日に作成しました。

 

はじめに

f:id:sonofabiscuit:20190117191224p:image

どこかの自治体に寄付をすると、翌年の税金が減るうえにお礼の品がもらえるという控えめに言って最高の制度である「ふるさと納税」。

 

しかしこの制度はいま岐路に立たされています。過度な競争が制度の根幹をうんたらかんたらでおかみに目を付けられ、今年の6月からあまりお得感のない制度になりそうな様相です。

 

本稿では、その概要と、今なすべきことは何なのかについて考えを述べたいと思います。

賢く2019年度を乗り切るために、皆様の参考になれば幸いです。

 

1 そもそもふるさと納税について(知ってる人は飛ばしてください)

ふるさと納税とは、お堅く言うと寄付金税制の一つで、住民税の寄付控除が拡大されたもの。冒頭に述べたように、どこかの自治体に寄付をすれば、2,000円を超える部分が、翌年の税金から控除されます

 

納税といいますが寄付ですね。

また、実質的な負担感からみると、翌年に払う税金を前払いしているようなものなので、寄付したからといってなんら得をしているわけではありません。

しかし、これから述べるように、寄付した先から返礼品がもらえます。この返礼品の価値を考慮すれば、つまり高価であればあるほど、得をすることになります。

 

もちろん、公益目的の寄付であり、しかもその目的は選ぶことができます。

「何に使われてるかわからない自分とこの税金より、自分の望む使い方をされる他所への寄付」というわけで、この点への満足度も価値とも言えます。

 

2 どれだけお得なのかについて

還元率という考え方がありまして、寄付した人に対する返礼品の価格の、寄付額に対する割合です。

例えば、1万円の寄付に対し、3,000円の特産品を返礼品とする場合は30%ですね。

 

実際の返礼品はふるさと納税サイトにたくさんあります(徐々に、お得なものは消えつつあります。。)が、某サイト調べでは還元率が最も高いのは30年産タワラ印厳選米5kg×3セット計15kg、還元率101%とのことです。

1万円寄付して、1万100円のお米をゲットできたということですね。

なお私もお世話になっているよなよなエール 350ml×1ケースは還元率64%。10位でした。

品目では米、肉、ビールが御三家という感じです。

小売価格と仕入価格の差が大きいのかもしれませんが、そこはよくわかりません。

 

もっとも、還元率が高いからと言って、その人にとって本当にメリットが大きいかは別問題(米やコラーゲンドリンクのほうが還元率が高いものがありますが、私はビールのほうにお得感を感じます)ですので、あまり還元率を気にせず好きなものを選んだ方がよいでしょう。

 

自己負担額は2,000円ですから損することはありません

 

3 制度の見直しについて

そして悲しい見直しについて。

2018年9月11日、制度を所管するお役所の総務省が(豪華な返礼品を用意して寄附金額を奪いあう競争が激化している」ことを受け、「還元率の高い返礼品」や「地場産品でない返礼品」を用意している自治体をふるさと納税制度から外すという見直しを検討していることがわかりました。

 

自治体には激震が走り、お得な返礼品はこれ以降減少しているようです。

おかみに立てついても無駄というわけですね。。

 

今年は、還元率3割超えまたは、地場産品でないものを返礼品としていると寄付控除の対象から外れるという法改正が予定されているようです。

1月の国会に提出される法案が可決されれば、6月1日以降の寄付金から適用となる予定です。

f:id:sonofabiscuit:20190117192237j:image

 

4 今なすべきことについて

上で述べたように、制度改正はもはや避けられないものの、それまでは昨年までと同様に楽しいふるさと納税ライフを送ることができるのですが、実際には

  • 既におかみの圧力でお得な返礼品は減りつつある(撤退が始まっている)
  • 5月末まで安泰とは限らない(おそらく、そこまで引っ張れる自治体はない)

ということに注意することが必要です。

 

よって、できるだけ今年の早い時期、なんなら1月中に限度額いっぱい寄付を済ませてしまうというのが得策です。

 

 私は、自分にとって最もお得だと思われるビールに絞って、3月頃までに済ませたいと思っています。

寄付先はもちろん我らが大阪府泉佐野市。ダントツの高還元率で総務省に喧嘩を売るヒーローです。実は2でのべた品目はすべて泉佐野市のもの。しびれます。

 

ちなみに、巷にはふるさと納税ポータルサイトがワンサカありますが、昨年まで使っていた大手の「ふるさとチョイス」が泉佐野市のビールを取り扱わなくなりましたので、今年は数少ない生き残りの「ふるさと本舗」を使います。仕組みは(当たり前ですが)どのサイトも同じです。

泉佐野市の今出ているビールは以下のとおり(お得感のない(それでもお得だけど)第三のビールとかは除きます。すべて1万円の返礼品、350ml24缶ケース。)

  • よなよなエール
  • インドの青鬼
  • 水曜日のネコ
  • 東京クラフトビール
  • エビス華みやび
  • ザ・プレミアムモルツ
  • アサヒスーパードライー70周年記念
  • エビスプレミアムブラック
  • エビスビール
  • ザ・プレミアム・モルツ香るエール

10種ですから10万円寄付すれば2,000円の自己負担ですべて入手可能です。

 

5 最後に〜負け犬のオーボエ

「このまま一部の地方団体による突出した対応が続けば、ふるさと納税に対するイメージが傷ついて、制度そのものが否定されるという不幸な結果を招く」というのが見直しの理由だそうです。

いかにも自治体の本気の競争は否定して地方の活力を削いで、ぬるま湯の中で地元自慢のまねごとをさせてお茶を濁そうというおかみの言いそうなことです。

 

ふるさと納税が盛んになればなるほど人口の多いところは税収が減るので面白くないのでしょうが、怠け者の役所が得をするだけで、庶民はだれも見直しを望んでいないと思います。

 

ただ、面白くもなんともないでしょうが、ふるさと納税制度自体がなくなるのでなければ、「どうせ払う税金を先に支出してささやかな返礼品をもらう」という行為はやらない手はないですね。