親父の小言とボディブロー

人生折り返しの子育て世代。世知辛い世の中を面白く生きるためのあれこれと雑記

EPAでヨーロッパからの輸入品の関税が撤廃?英国靴はどうなる??

2月1日、日本と欧州の経済連携協定(EPA)が発効しました。

f:id:sonofabiscuit:20190202185051j:image

世の中ではワインだのチーズだのが安くなったワァなどと大騒ぎ。でも我々の関心はそんなところじゃないですよね。

 

 

そう靴の話です。

日欧EPAが発効、関税撤廃で高級服飾グッズの価格はどう変わる?│WWD JAPAN

 

 

経済連携協定とは

ざっくり言うと国同士、地域同士で関税を撤廃、削減したりするもの。今回、日本とEU🇪🇺の間でこれが発効したのですね。

 

(正確には関税以外のサービスや知的財産にも範囲が及ぶのですが、ここでは関税だけを考えましょう。)

 

そういえば前に随分とTPPが話題になりました。これもそうした自由な経済を目指す流れですね。アメリカは逆を行こうとしていますがヨーロッパとはこの点とりあえず仲良くなれそうです。

 

靴はどれだけ安くなる

さて肝心のこれです。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

革靴の関税は4300円または購入金額の0.6掛け(個人利用の場合)の30%のどちらか高いほうなので、普通ヨーロッパから高級紳士靴を購入する場合はこの30%の高関税がかかっています。高いですね。

 

それが、今回の協定の発効により、段階的に撤廃されます!

憧れのあの靴も!

 

完全になくなるのはかなり先 

うん…?段階的…?

 

そうなのです。

一気に完全撤廃じゃないんですよね。

 

毎年同じ割合ずつ縮小していき、11年かけて撤廃です。

 

ヽ(・ω・)/ズコー

 

仮に10万円の靴だと

6万円に税金がかかり

初年度18,000円

次年度16,200円

その翌年14,400円

 

 

11年後 0円

 

長い道のりです。

 

まとめ。

というわけで、間違いなく素晴らしい話ですが、道のり長すぎ。

また、身もふたもないですが海外での価格自体が高いので、少なくともしばらくは関税がどうこういう問題ではなさそうです。

 

国内で現物見て買った方がいいかも。

 

さらに、肝心のイギリスがEUを離脱したら…?

f:id:sonofabiscuit:20190202185153p:image

ところで関税は自国の産業保護が目的であるところ、紳士靴に関しては国内に保護すべき産業があるとも思えない(土俵が違う)のですがどうなんでしょうね。

 

もっとも30%の高関税は革靴じゃなく革製品全般なのでそれなりに影響は小さくないのだとは思いますが。

 

有名な高関税の話で「こんにゃく芋」というのがあります。だいたい350%ということですがかつては1,700%とかいう記事も見かけます。

産地に総理大臣がいたからという政治的な背景があるらしく…

 

その結果こんにゃく芋農家が力をつけたのかどうかはよくわかりません。とりあえずこんにゃくは安いですね。

 

ではまた🙋‍♂️