親父の小言とボディブロー

人生折り返しの子育て世代。世知辛い世の中を面白く生きるためのあれこれと雑記

クレジットカード審査落ちその後

前回クレジットカードをたくさん申し込んだら審査落ちした話をご笑覧いただいたわけですが、小ネタとして少しその具体的な話と原因分析、ちょっと意外な後日談などを書きたいと思います。

 

いつものことですがお得なクレジットカードのお話とかはありません。

 

無知から審査落ちした愚者の体験談くらいに斜め読みしていただければ幸いです。

 

 

1 審査落ちしたカードと原因分析

 たくさんカードを申し込んで、しばらくの間は当然ですが頻繁にカードが届きました。

それが、ある時を境にパッタリと審査に通らなくなります。

f:id:sonofabiscuit:20190528175244p:image

落ちたカードをみると初めのはアメックスでした。

一般カードですからそんなわけないのですが

「アメックスって審査が厳しいんだな」

と、この時点では多重申し込みなんて仕組みも知りませんでしたからアホなことを考えていました。

 

次のがTポイントのつくコンビニのカードでした。年会費もかからない、「誰でも持てる」カードです。

 

確かLINEポイントとの相性がうんたらということで申し込みました。

 

これがまさかの審査落ちということで、

「流石に何かおかしいな」

と調べたところ、多重申し込みというルールが分かったわけです。

 

余談ですがクレジットカードは来ませんでしたがポイントカードは送られてきまして、イラっとして即廃棄しました。こういうところがここはアレなんだと思います。

 

最後はリクルートカードでした。

決済時のポイント還元率が無料カードの中ではピカイチなどというのが評価されていますね。

 

リクルートカードは持っていましたがJCBだったので、VISAにしたくて前者を解約、後者を即申し込みしたのですが(思えば多少ポイント面で有利だというくらいでつくづく意味不明なことをしたものです。)、ダメでした。

 

このことによって明らかなのは、「多重申し込み」状態になると、機械的に審査が通らなくなるということです。

 

審査の前段階で弾かれるといったほうが適切かも知れませんが。

 

2 落ちないカードもあった

しかし、一概にそうとも言えないというのがこれからのお話。

 

審査落ちコンボが始まってから申し込んだカードでも、通っているものがあるのです。

 

これらに共通するのが、いずれもゴールドカードだということです。

 

この間、2枚のゴールドカードを申し込んだのですが、これらは無事発行されております。

 

1枚目はアメックス。つまり一般カードが落ちたのにゴールドカードは通っているのです。

 

もう1つは三井住友。こちらは3枚の審査落ちの後、どうしても欲しくてダメもとで申し込んだものです。

 

これで分かるのは、ゴールドカードはまさしく「独自の審査基準を持っている」

ということです。

 

機械的に多重申し込み者を弾くのではなく、収入やクレジットヒストリーを総合的にみて判断しているのではないかという印象です。

 

以下は完全に私見ですが、他にどんなことが影響したのかを考えてみました。 

 

まずアメックス。これは紹介制度を使ったこと。

 

本来カードを所有する知人友人からの紹介を想定した制度ですが、紹介者と被紹介者双方にとってメリットがあるためネット上に「紹介させてください」という人がたくさんいます。

 

私も適当に誰かを使わしてもらいました。(もちろん合法です。個人情報のやりとりなんかもありません。)

 

(赤の他人だけれども)会員からの紹介ということで、もしかすると審査落ちの憂き目に遭わずに済んだのかも知れません。

 

念のため、審査に通るためにこれを使ったわけではなく、使った方がポイント面で断然有利だからです。結果としてそれが審査に影響「したかも知れない(多分、関係ないと思うけど)」くらいの話です。

 

三井住友に関しては、正直自信がなく、

 

「多重申し込み状態でなければ落ちる要素はないんだからダメなら半年経ってから申し込むか」

 

くらいの感覚でした。一度審査落ちするとそこから半年は申し込みができないというのが定説ですから、その期間をさらに伸ばすリスクを冒すのも利口とは言えませんので、これを最後に沈黙するつもりでした。

 

さらにネガティブな要素として

一度三井住友ゴールドカードを一年も経たずに解約したことがある(年会費にAmazonプライム・ビデオ会費が含まれるAmazonゴールドカードの方がお得だから)

Amazon Mastercardゴールド

というのもありました。ただ、Amazonゴールドカードも三井住友ゴールドカードに違いはないから審査に通ってるとも言えるわけで、よくわかりませんが。

 

色々書きましたが、結局は「ゴールドカードは独自の審査基準をもっている」に尽きそうです。

 

少なくとも機械的に弾くことはないものの結局は定職と収入でしょうか。

 

 

3 今後の戦略

まず、クレジットカードはこの先も作るつもりですが、この2枚のゴールドカードを核に日常生活でマイルを貯めるのに必要なカードは揃ったかなと思っております。

 

(ポイントが有利なカード、マイル交換に必要なカードなど、マイル界隈にはある程度「必要なカード」が存在するのです。)

 

この先も多少ポイント面で有利なカードが出てくることはあっても、身もふたもないですが実際決済で貯まるマイルなんてたかが知れてるというのも事実。

 

「漫然とポイントを貯める」から「マイルを意識した」クレジットカードのラインナップへのシフトができたことでよしとします。

 

一方で、クレジットカードの発行と入会特典でマイルを貯めるというのは日常生活で無理なく貯めるというベクトルとは別に、ガッツリ貯める手段として位置付ける必要があります。

その買うを、もっとハッピーに。ハピタス

そう、☝︎ポイントサイトです。

 

貯まるスピードが段違いだから、というかこれをしないとマイルなんて貯まるわけがないからです。

 

まずは半年大人しくしてクレジットカードヒストリーを綺麗にしたうえは、ふたたび果敢にチャレンジしてマイル所存であります。

 

成果についても今後書いていければと思います。

 

(注)本記事は入会特典目当てのクレジットカードの発行を奨励するものではなく、クレジットカードの審査に通るなんらかのノウハウを紹介しているものでもありません。また、審査の実際について私には専門的知見はありませんので、内容は実体験に基づく個人的な見解です。