親父の小言とボディブロー

人生折り返しの子育て世代。世知辛い世の中を面白く生きるためのあれこれと雑記

ふたたびFXに手を染めたお話

マイルとFX

マイルを貯めるのに「ポイントサイト」を活用するというのはよく知られた話で、中でもクレジットカードの発行、FX口座の開設が大量にマイルを貯める2大定番とされています。

 

世の中にはこのノウハウを書いたサイトがそれこそ腐るほどありますが、どれも書いてあることは判で押したように同じで、もはやネット上から目新しい情報を見つけるのが困難なほどです。

 

しかし、

「仕組みはわかったけど、クレジットカードを作りまくったら年会費だけで大損じゃないの?」

とか、

「FX口座を作っただけではダメで、実際には取引ノルマ(博打)があるじゃないか、結局損するんじゃないか」

とか言った疑問に答えているサイトはなかなかありません。

 

流石に、「クレジットカードは年会費を納める前に解約しましょう」と書くわけにはいかないのだろうなとは思うのですが。

 

 

FX案件の実践

ともあれ、この度、このうち「FX案件」を試してみましたので、実際どうなんだということを注意点とともに書いてみたいと思います。ご参考になれば幸いです。

 

結論から言うと、

  • 多少の持ち出しは必ず出るがトータルではだいぶ得
  • 獲得ポイントに騙されてはダメ

 

と言うことかと思います。以下解説します。

 

※ポイントサイトの基本的な仕組みをご理解いただいている前提で書きますのでご了承ください。

お金がたまるポイントサイトモッピー

⤴︎代表的なサイトです。

 

まず、よくあるFX案件の成果報酬発生の条件が「口座開設のうえ新規200万通貨以上の取引」

と言ったもの。

 

つまり、これをやれば成果報酬、つまり換金性のあるポイントを差し上げます。という達成条件です。

 

言うまでもなく現金ではなくマイルを貯めるためにそれを目指すわけですけども。

 

最初の条件が「口座開設」、これは簡単ですね。FXを扱う証券会社に口座を開設するわけです。

 

免許証とマイナンバーがあれば誰でもできます。

 

かつてはこれだけで成果報酬がもらえた気がしますが、今はそれでは足りません。

 

次の条件、「取引」が必要なのです。

そこで、新規200万通貨が問題となるわけです。

 

「200万円が必要なの?」

「損するんじゃないの?」

「FXって破産するんでしょ?」

 

などの声が聞こえてくるわけです。

 

できる限り簡単に言うと

 

FXとは為替変動を利用して、円が安くてドルが高い時には円を買ってドルを売り、円が高くてドルが安い時には逆の売買をして利益を得るものですね。他の通貨でもいいですけど。

 

安く買って高く売るから利益が出るわけです。そらそうですよね。

 

普通の売買と違うのは高い時に売る、というのがスタートでもいいところですね。売ってから買うというのがありなのです。感覚的に不思議ですね。

 

そして、一度買うと、利益を確定するためには売らなければなりません。

 

上がって売れば利益が出て、下がったのに売らなければならない時は損失を出すことになります。

上がるまで待てばいいじゃないかと言うことですが、あとで述べますが、なかなか難しいことなのです。

 

とにかく、買ったら売り、売ったら買う。これがセットです。

 

長くなりましたが、200万通貨の取引、と言った場合、このセットを1つの取引とカウントします。

 

売ったら1、買って2、ではなく売買で1

 

それを200万回やんのかいといえばそうではなく、普通は取引単位が1万ですから200回です。

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

それでも200回?大変じゃない?と思うのですが、売りボタンと買いボタンを連打すればあっという間です。

 

売ったら即買い戻す。

買ったら即売り払う。

 

もちろん利益は出ません。

 

しかも、必ず損します。なぜなら、FXには売値と買値には証券会社によって差が定められており、売買と同時に反対売買をしたらプラマイゼロではなくてこの差額を取られます。

 

スプレッドと呼ばれるもので、ドル円だと一通貨あたり0.3銭が普通でしょうか。

 

上に述べた通り、普通は1万通貨単位の取引ですから、1万通貨の取引では30円損することになります。

 

で、例示した条件が「200万通貨の取引」なので、

30円×200回=6,000円

は必ず出ていきます。

f:id:sonofabiscuit:20190602163104p:image

こちらは私の実際のノルマ達成時の取引結果です。

画面は10万円からのマイナスですが5万円以上入金しとけばいいかと思います。200万円はいりません。

 

ひたすらマシンのように「買う」「売る」ボタンを押すこと計400回。

 

…6,000円以上損してますね(笑)タイミングをミスったりするとこうなるのと、スリッページといい、実際に注文したのと約定した金額に差が出ることがあるためです。 まあ想定の範囲内。

 

スリッページに関しては証券会社毎に癖があるとか故意に操作しているのだとか色々言われていますが気にすることはありません。

f:id:sonofabiscuit:20190602163110p:image

なにしろ6千円強「損」していますが、得た利益は43,000ポイント(このポイントサイトの場合21,500円相当)。

 

タダで15,000円以上の利益が誰でも得られます。

マイルにすると12,000以上となります。

 

必要経費だと思えば納得できます。

 

多少の持ち出しが出るがトータルではだいぶ得すること、単にポイント数だけではなく、この持ち出し分を考慮して案件を選択する必要があることがご理解いただけるかと思います。

 

注意点

さて、以下は厳守すべき点を述べます。

はじめにまとめると

「マイルを貯めるなら決して欲を出してはいけない」

ということです。

 

「6千円も損するなら、利益が出るまで、少なくとも損しないところまで待った方がいいんじゃないか」

 

と思いますよね。為替は変動するのですから、どこかで6千円くらい利益を出せばいいのですから。

 

やめた方がいいです。

 

最大の理由は、言うまでもなく利益が出るどころか損失が拡大する可能性も同じくらいあるからです。

 

1万通貨の取引を開始した場合で説明します。

  1. 直後は30円の損。
  2. 数秒後に500円まで損害が拡大。
  3. その後値上がりして損害は100円まで縮小。

そんな値動きをしたとします。

 

この時の普通の人は、

 

下がっているときは

「いつか上がる」「もう少し待とう」

と思い、上がっているときは

「下がるかもしれない」「今のうちに売ろう」

と思うものなのです。

 

この結果、損害はどこまでも拡大し、利益は出ないか、出たとして大したことはない。そんなことが起きるのです。

 

経験上それは確かです。涙

f:id:sonofabiscuit:20190605080852p:image

 

また、目的はマイルなので、いかに効率よく成果報酬を得るかです。

 

上がるのを待つ。この時間はとても無駄です。

FXでは利益(損失)確定前の状態、いわゆるポジションを持った状態を何日でも継続できるわけですが、何が嫌って

「そのうち上がる」

と思ってこの状態を継続しているときの憂鬱ったらないですよ。

 

ということで、過去に多少痛い経験をしたことがある身としてはマシンに徹することは容易でしたが、くれぐれも欲を出さないことをおすすめします。

 

そもそもFXで利益を出せる人はマイルを貯める必要がない。

 

そこに気づいた方が良いでしょう。

 

おわりに

ポイントサイトにおけるFXは、ひと頃に比べるとあまり美味しくはないと思いますが、それでも世の中タダで1万円もらえるなんて話はありません。

 

マイル獲得には相当寄与してくれそうだし、過去の負けはこの「肉を切らせて骨を断つ」作戦で取り返すことが可能にも思えてきます。苦笑。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

なお今回はこちらのポイントサイトを使いました。

高ポイントの案件が多いのでおススメです。

 

それではまた🙌