親父の小言とボディブロー

人生折り返しの子育て世代。世知辛い世の中を面白く生きるためのあれこれと雑記

ビジネスシーンにおけるメンズリュックサック問題について

はじめに

こんにちは。

コロナの感染拡大はなかなか予断を許さない状況が続きます。

昨日7月15日は小池百合子都知事の誕生日だそうですが、その日に記者会見を行い、都の警戒度を最高レベルに引き上げました。

 

一方で官房長官は市中感染は広まっていないなどと安全宣言みたいなことを言ったりカオスなのですが、ともあれ都民に対しては都外への不要不急の外出を控えるよう要請が出されました。

 

「不要不急がそもそもよくわからない」という声も多いのですが、ざっくりいうと遊びいくとか観光旅行はダメだけど仕事や病院、スーパーにいくのはOKというようなことです。

 

すでにwithコロナが始まっている様相の東京と、県外ナンバーの車にさえピクッとする我が田舎とではおよそ価値観の共有などできそうにないのですが、いずれにしましても是非都民の皆様にはしばらくおとなしくしていていただくのがお互いの幸せのように思えます。

 

さて、通勤といえば、本日のテーマはリュックとりわけビジネスシーンにおけるそれについてであります。

本駄文に迷い込むぐらいの紳士淑女の皆様にはそれが少なくとも正統派の装いでないことはもちろんお分かりでしょう。のみならず白ソックス級のタブーとみなす諸兄もおいでのことでしょう。リュックとはそういうものです。

 

結論から言うとではないけれども全てがダメではなく汎用性高く使えるものもありますということになります。

 

本稿では、私がそのリュックに出会うまでの葛藤と感動について述べたいと思います。

 

リュックはなぜビジネスシーンで使えないか

ところでリュックはなぜ「ビジネスシーンでは使えない」のでしょう。

リュックほど機能的なものはないのになぜ機能性が追求されるビジネスシーンでは使えないのか。

カントリージェントルマンを自認する私の結論は、およそスーツを着るようなビジネスの場では、装いには機能性を追求しつつも機能美を保たねばならぬ鉄のルールが存在するためであるというものです。

 

機能性を追求するならばスーツはボタンではなくファスナーの方が楽だしひっかけて紛失することもありません。なぜそんなスーツは存在しないのか。ネクタイだって機能性ゼロです。ああ仕事かと思いながら締め、終わったヒャッホーと緩めるような代物を何故身につけるのか。省エネスーツはなぜ定着しなかったのか。

 

こうしたことを考えると、このことはよく理解できると思います。

機能性を保ちつつ、そこには余計なもの、装飾としてのものがあってビジネスシーンに相応しい装いが完成するのです。

 

そこに行くとあまりにリュックは機能性に寄りすぎ、寄りすぎて機能美を損ない、横着な印象を与えてしまうのです。

 

もう一つ、スーツやジャケットを傷めるという大きな理由もあります。

 

荷物の重さを両肩で直接支えるリュックは、身体には優しいけれどもスーツにはすこぶる悪い。生地を傷めると同時に、形崩れを起こします。

 

ビジネスシーンにおいて身につけるものは手入れがされていなければならないというのも真理で、肩がテカって形が崩れたスーツなどはもう最悪と言うべきでしょう。

 

使えるリュックとは何か

ではやっぱりリュックは無理ではないかと言うことになるわけです。

 

基本的には、難しい代物です。

 

しかし、ビジネスシーンに求められる「相応しい装い」の変化や、電車に乗れなくなって徒歩や自転車で通勤するようになったなど、今や時代がリュックを求めていると思います。

(自転車などは否応なしにリュックですね)

 

個人的にも、自転車通勤の必要性がリュックという禁断の果実に手を出した理由でした。

 

それではどういったリュックが許されるのか。私の逡巡と結論を以下に述べます。 

 

(1)ロゴがない

 基本中の基本であることは言うまでありますまい。ビジネスシーン云々の前に企業ロゴを身に纏わねばならぬ意味が不明ですが、大人の装いには無縁なものでしょう。

 

(2)素材

 スーツスタイルと親和性があるものを選ぶべきです。リュックはもともと素材の種類が豊富ですが、丈夫であれば良いと言うものではなく、かつあまりチープなものは避けるべきです。

 すなわち高級感があり、光沢の抑えられたものが良いでしょう。

 ここは、プラダやフェリージに代表される高級ナイロン素材や、TUMIによって市民権を得た超強度ナイロン素材「バリスティックナイロン」が参考になるでしょう。

 

(3)機能と機能美

 手を出すこと自体なかなかに禁断の果実臭の漂うリュックですが、この両者のバランスの追求は絶えず続けるべきものです。

 リュックにありがちなポケットの多さや、重さを腰で支えるウェストベルト、背中に接する部分の蒸れを軽減するメッシュ素材の採用・・これらはアウトドアシーンでこそ必須、もちろん人の目さえ気にしなければその快適さに身を委ねたいものですが、グッと堪えて削ぎ落とす必要があります。

 また経験上大事なのが肩紐で、両手が使える快適性が売りのはずが、あまりに肩紐が細いと、ーそれはシックな印象を与えるものではあるけれどもー肩が痛くてそれどころではありません。ブリーフケースと同じ重さであっても、です。

 

 初めてリュックを背負うと、案外重たいものを片手で持っていたものだな、と思うものです。重さを肩全体で支えるようなしっかりした肩紐のものを選ぶ必要があることは強調したいと思います。

 

結論

 最終的に、それらを全て満たすものはこのDSPCHしかないのでした。(個人の見解です)

f:id:sonofabiscuit:20200716080844j:image

(本稿の画像は公式サイトから拝借しました。)

 

 ビジネス対応を謳うリュックは近年増えてきていますが、多くは一長一短があり、チープすぎたり主張が強かったりアウトドア感が抜けなかったりするものです。

 

 しかしこのサンフランシスコ生まれのバリスティックナイロンリュックは見事にビジネスシーンにマッチします。 

 田舎在住ゆえ現物に接する機会がなく、通販サイトで見た目買いしたのですが、想像以上の逸品です。最後に、その使用感をまとめてご紹介します。

 

いいところ①機能と機能美がちょうどいい塩梅

 ご覧いただくと分かる通り、実は結構肩ベルトがしっかりしています。
f:id:sonofabiscuit:20200716081027j:image
アウトドアのリュック並みです。これだけしっかりしたものをつけたら野暮ったくなりそうなものですが、見事にバランスが取れている。それでいて、疲れません。リュックの何が嫌って、肩が痛くなることと言う方は多いと思います。私も安いリュックで大変な思いをしたことがあるので分かるのですが、このリュックにはそれがない。見た目の良さ以上に、これは嬉しいものです。
 

いいところ②汎用性が高い

 仕事メインで使うわけですが、仕事以外でも使えます。これは当然のことではありません。オンオフ兼用というのはこれまた横着か、TPOに応じたものを持ってない人と思われてしまいます。

 

オンでもオフでもというチープなセールス用の常套句を拝借するのは気が引けますが、こいつには使っても良いでしょう。まず旅行はこれ一つでまず大丈夫。ノートPCも(今では標準なのでしょう)保護してくれるし、かさばりがちな子供の身の回り品などもガシガシ詰められます。

f:id:sonofabiscuit:20200716081055j:image

 それでいて職場に置いていても公園の芝生あたりに放り投げておいてもビーチを歩いていても違和感がない。素材とデザインの重要性を感じる逸品です。

 

いいところ③

 価格が良心的です。バリスティックナイロンでこの作り込みにしてこの価格。超絶お買い得だと思います。

 

 TUMIだったら倍ぐらいしそうです。そのうち高くなるんだろうなという悪い予感は大抵当たります。今の世の中ですから、潰れるか高くなるかですね。(多分)

 

ブルックスブラザーズの破産に思う

f:id:sonofabiscuit:20200709142943j:image

アメリカの紳士服ブランド「ブルックス・ブラザーズ」がコロナ破産とのニュースが飛び込んできました。

 

ブルックス・ブラザーズと言えばアメリカン・トラディショナルの雄。創業200年を超えるアメリカでも最も歴史のある紳士服店です。
歴代大統領のスーツを仕立ててきたことでもよく知られ、軽くwikiったらケネディ大統領が暗殺されたときに着ていたのも同社のスーツだったそうです。

 

報道によると、コロナパンデミックの影響を受け、今日までにすでにいくつかの店舗は閉鎖しており、アメリカ国内の工場も閉鎖に向けた準備を進めていたとのこと。パンデミック前にも、ファストファッションの浸透やオンラインでの競争の中で苦戦していたようで、さもありなんという気がします。

 

たしかに近年あまり名前を聞くこともなくなったというか、アメトラ自体がそもそも過去の遺物というか(個人の見解です)、少なくとも絶好調ではなかったというのは間違いないと思いますが、人生折り返し・団塊ジュニアど真ん中の私にとってそれは、ある種のノスタルジックを感じる存在なのです。

 

ブルックス・ブラザーズの代名詞はオックスフォード生地のボタンダウンシャツ。

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ) スーピマコットン オックスフォード ボールドストライプ ポロボタンダウン ドレスシャツ New Milano Fit 100143144 ブルー/ホワイト 15 1/2-32


なにしろボタンダウンシャツを初めて世に送り出したのが同社です。

 

社会人生活を始めた20数年前、給料日前には絶食するような生活のくせに、おそらくはアメリカへの無知なあこがれから、決して安くはないここのシャツを何着も買ったものです。


オックスフォード生地のボタンダウンシャツ、少々野暮ったいです。胸ポッケに羊の刺繍もないだろと思います。

 

しかしそんなシャツををスーツスタイルでも(むしろそっちで)好んで着ていました。だいたい、そもそもここの服は身幅が広く(イタリアンやブリティッシュと比較して、それがアメリカンの特徴とざっくり理解されていました)、細身の自分には全然似合っていなかったと思うのですが。

 

ともあれ、そんな苦笑いとセットの思い出とともに、若かった時代の、そして今にして思えば、アメリカなる概念がまだ大いに若者を、世界を惹きつけていた時代の、遠くなりゆく記憶となって小生の胸の奥底をちくりちくりと刺すような気がする、そんな存在なのです。

f:id:sonofabiscuit:20200709144948j:image

(公式Twitterより)

 

もっとも、私自身は、寂しさのようなものは覚えるけれども、それだけで、別に困りはしません。

 

私はいわば流行りに乗ってここのシャツを買っていたに過ぎません。

 

「それはかっこいいから、いいものだから流行ったのだろう」

 

との反論もありましょうが、だいたい人の体は100人いれば100通りなのに、ここの服がいちばんかっこいいなんてことがあるわけない

 

いいもの、に関しては素材だの縫製だのあるでしょうが、所詮マシンメイドの大量生産です。

 

別に若気の至り、ジェントルマンの黒歴史の片棒を担いだからと言ってdisられる筋合いはないでしょう、ゴールデンフリースさんも大メーワクだと思いますが、言ってしまえばファストフッションと比べられ、負けたのです。そういうことです。

f:id:sonofabiscuit:20200709180624j:image

ゴールデンフリース(公式サイトより)

 

もちろん、大統領が既製品を着るわけないし、セレブもしかり。そうしたオーダー品は一流の職人さんやらデザイナーが関わるのでしょうから、それはかっこよく、いいものには違いありません。

しかし、そのブランドだからといって店舗の吊るしに一般人がありがたがって高い金を払うのですから滑稽な話です。

 

吊るしを買う限り、ファストファッションとこうしたブランドとの差はない、控えめに言っても価格差に見合うだけのものはないというのが大体において当てはまり、多くの人がそこに気づいたというのが正しいのじゃないでしょうか。

 

よって、コロナ倒産と言うけれども、遅かれ早かれその時は来たのだというのが妥当と考えられるのです。

 

それじゃファストファッションしか残らないかといえば、さにあらず。

 

かっこいいもの、いいものとは結局似合っているもの。こと大人の装いにおいては身体に合っているものでしょう。

 

行き着くところは、オーダーしかないと思います。

「オーダーって高いじゃん」という偏見は恐るべきことにまだ根強いのですが、例えばシャツならブルックス・ブラザーズを一枚買う値段で1.5〜2枚作ることができます。

 

はっきり言ってシャツやスーツに関していえば吊るしが奇跡的に会う人を除いてオーダーすべきです。

 

似合わない20万円の吊るしのスーツより5万円のオーダー。3万円の既製品のシャツより5千円のオーダーです。断言できます。

素材は二の次で、まずは身体に合っているかが全てなのです。もちろん、金が許す限り素材にはこだわることができるのですから。

 

危機は淘汰を促し、真に人と時代に求められるものが残っていくことになるのでしょう。

ただ、かっこいい、いいものを身につけたいという欲求はなくならないと思います。

 

今回の、一時代を築いたファッションのアイコンの終焉は、では、いいものとはなんなのか?を雑誌や雰囲気ではなく、自分の頭で考え、選ぶということが大事で、それは簡単なのだということを改めて気づかせてくれたように思います。

レッツオーダー。

紳士服を嗜む 身体と心に合う一着を選ぶ

 

コロナと共に生きるってこと

はじめに

世の中がほんのここ1、2ヶ月の間に劇的に変化して、この駄文を書いている最中にも情勢は刻々と変化しています。

f:id:sonofabiscuit:20200518203614j:image

もちろん、ネタは尽きないとは言え、本稿はコロナの感染拡大のための専門的な知見の披瀝や、意識の高い行動変容のお誘いを目的としているものではありません。

 

そんなもの持ち合わせていないし、実際のところ何しろ新型のウィルスでわかっていない事が多いので、何が正しいのかわかったもんじゃないですからね。素人がうかつに聞きかじりの知識を晒すが如き愚は慎まねばなりません。

 

絶対間違いないのは、「一番効果があるのは手洗いだ」くらいのもんじゃないでしょうか。

 

とにかく、世の中とりわけ一般市民に対しては、手を洗う、他人に近づかない、一番安全なのは家の中。を基本とする啓発が盛んにおこわなれているというわけです。

 

しかしですよ。(ここから本題です)

 

ここは田舎、しかも超田舎です。

もちろんこんな時でも沖縄に飛びパチンコ屋に行列をなす輩のように「自分だけは大丈夫」などとは思いません。手、洗ってます。

 

しかし、全国一律の規制というものにはやはり違和感を持つのであります。

 

密集 100km圏内にはないです。列車であってさえも。

密接 家族以外に考えられないです。職場であってさえも。

密閉 寝室以外にそんな空間ないです。

 

マジなんです。日本にはそんなところもあるんです。

 

それなのに、同じレベルでの行動変容を求められている、それが今なんです!

 

そして、裏が山で目の前が海、畑仕事もたまってるくせに #お家で過ごそう とか言って腕立て伏せ動画をSNSに載せてドヤ顔しているのが今の地方民なのです。何とも寒々しい。

 

田舎なんだから働かざる者食うべからず。田舎なんだから近くの山に登って海でサーフィンに興じればいい!

 

そこで今回は、今こそ引っ張り出したいアウトドアグッズのインプレッションでもしてみようかなと思った次第です(そこかよ)。

 

今こそ引っ張り出したいアウトドアグッズ

本当に家の中にいるしかない都会の人は本当に気の毒でお見舞い申し上げます・・

 

ですが、事情が許す人は、ぜひ外に出たいところです。河川敷でも、庭でもベランダでも、太陽があるとないとでは大違いですからね。

 

そこで今回、私物の中からオススメ屋外グッズを3つほど厳選してみました。

 

いずれもアフターコロナでも使える無駄のないものばかりを選びましたので、ご参考くださいませ。

 

1 パラブーツのアヴォリアーズ

いわゆる登山靴ですがそこはさすがパラブーツ。

パラブーツについてご興味があれば過去記事もご笑覧ください。 

www.kome100.com 

さすがパラブーツと感じるのは、登山靴としての信頼性と、タウンユースできるスタイリッシュさを併せ持っているところです。

 

どちらかに偏りすぎてもお買い得感は大きく損なわれると言えましょう。

 

すなわち本格登山をやろうという人はあえてこのクラシックなタイプのオールレザーの登山靴を買わずとも、近年ではより高性能のものが溢れています。 

 

また、クラシックな登山靴というのは、街で履こうとするには野暮ったいもの。

 

ところがこのアヴォリアーズは、その両方を絶妙なバランスで両立させています。

 

具体的にいうと、軽登山であってもおよそ登山と称するアクティビティでは、足首を保護し、滑らないことが求められるところ、十分にその要求を果たします。

特筆すべきはグリップ性。ありがちなのがグリップ性に優れたコマンドソールなんだけどゴムが硬くて結局滑る。みたいな失敗ですが、適度な柔らかさも相まって非常に疲れにくい。

f:id:sonofabiscuit:20200518193715j:plain

また、登山靴としてはずいぶん細身です。これは一説にはスキーを装着する必要性からと聞きましたが、結果としてタウンユースに無理なくマッチするフォルムが生まれたと言えそうです。

(パラブーツ) Paraboot トレッキングブーツ 7.5サイズ AVORIAZ LEATHER アヴォリアーズ [並行輸入品]

2 グレゴリーのリュック

リュックだけはグレゴリーにしとけば間違いない。このことに異論を唱える人はおそらくいないでしょう。

f:id:sonofabiscuit:20200518205201j:image

本格的な登山はもちろん、ちょっとしたハイキングなどでも、ある程度の時間を荷物を背負って歩くという時に、身体にフィットせず肩に不快に食い込むリュックがいかに疲労を募らせ登山を苦行に変えるものであるかは計りしれません。

グレゴリーのリュックは、とにかくフィット感に優れ、荷物の重さを感じさせない作りが秀逸です。

 

[グレゴリー] GREGORY ZULU35 ズール35 オゾンブラック M/L 1115837416

最近新調したのですが、フィット感はもちろん、あちこちに収納があってよろしい。

 

とにかく近年は荷物(小物)が多くなりがち(スマホとかバッテリーとかですね)ですが、そういったものをうまく収納できるように研究がされているのだなぁと感じます。

 

ちなみに私は斜めがけのバックなどは肩がすぐ痛くなるガラスの肩の持ち主。できれば通勤もグレゴリーのリュックで行きたいところですがさすがにスーツには合いませんので我慢しています。

 

3 スノーピークの食器

登山用品のいいところは軽量コンパクトであることです。

本格登山になればなるほど、一つ一つの重さやリュックの中に占めるスペースが死活問題になるからですね。

こちらは自ら「お家でスノーピーク」とか言ってる会社の製品ですから登山というよりキャンプ用品ですが、コンパクトに収納できるというところを追求するアウトドアの思想を感じます。

f:id:sonofabiscuit:20200518193801j:plain

 

 

ちなみに私は田舎に単身赴任をしているのですが、この食器で自炊からアウトドアまで済ませます。

家でも、外でも、山でも、谷でも、田村でもスノーピーク。

スノーピーク(snow peak) テーブルウェアーセット L ファミリー TW-021F

こちらは家族用ですが個人用もあります。

 

スノーピーク社の製品には、コンプリートしたくなる統一感がありますね。

スノーピーク(snow peak) チタン ダブルマグ 300 [容量300ml] フォールディングハンドル MG-052FHR

こちらも使い倒しているマグカップ。取手が胴部分に沿うように動き、場所をとりません

f:id:sonofabiscuit:20200518205515j:image

おまけ。他社製品ですがフライパン。取手がこれまたこのように曲がります。しかも振ってもガタつくこともない。

 

少々脱線しましたが、ここ数日はコロナもひと段落といった風ではあるものの、人々には新たな行動変容というものが求められており、「飲み会は横一列で」などギャグかと思いましたが真面目に受け入れようとする向きもあるようで、いずれにせよ数ヶ月前とこの先とでは人々の行動のありようは大きく変わるようです。

f:id:sonofabiscuit:20200518210900j:image

しかし不便になった、人付き合いが希薄になったと嘆くのも、共存するほかないことを悟る段階となったウィルスを過度に恐れて暮らすのももったいない話です。

 

今こそ自然に帰るときといえば大袈裟ですが、お日様のあるところに出かけて時を過ごすことの幸せを再発見するのはいいことだと思います。

 

そんな大移動をしなくても、いくら東京でも、日の当たらないところだけでもありますまい。

 

みんなで外に出てコロナさんとうまく折り合いをつけて世知辛い世の中を面白く生きようではありませんか。

 

 


 

 

 

 

 

Barbourを着て1年が経ちましたが

記録的な暖冬とは言え冬は冬。日毎に寒さが募ります。

 

そんな中、ふと「そういえばBarbour買ったのは去年であったか」ということに気づき、ここらでレビューのひとつでも書いてみようかと思った次第です。

f:id:sonofabiscuit:20200201133846j:image

Barbour"BEDALE"ーそれはそれはメインで使い倒しているわけですが、メンテナンスや着こなしの注意点など、思っていたものとやや違う(いい意味と悪い意味で)ところもあり、購入を悩んでいる諸兄には参考になることも多少はあるかもしれぬと思ったからです。

 

もうショーウィンドウには春物も並ぼうかという今日この頃ですがしばしお付き合いください。

 

私のBarbourに関するファーストインプレッションについてご興味の向きはこちらをご覧くださいませ。

 

www.kome100.com


 

では、いよいよ一年経過しての感想です。

着こなしについて

「くずし」のためのアイテムとして

はじめに、購入前に私が考えたのがスーツやジャケットなどビジネスシーンにおける活用でした。

まさにこんなイメージがあったからですね。

f:id:sonofabiscuit:20200131172834j:image

(otokomaeken.com)

はなから邪道と言われれば身も蓋もないわけですが、堅苦しくならず軽妙にして滲み出る伊達男感。たまりません。

 

しかし、これを実践するときに注意しなければならないなと実感したのが、こうしたお洒落な感じを出すためには、スーツスタイルに妥協をしてはいけないということです。

 

すなわち、Barbourはもともとアウトドアの服。言ったら肉体労働者、ゴリゴリのブルーカラーの服です。

 

あえてくずしてるんだよ、というためには、身体にフィットしたスーツをパリッと着て、シックなネクタイをきちんと締めてスーツスタイルを完成させてからでないと、そのBarbourの野暮ったさの方が勝ち、「コートがない人」「農家の人がお呼ばれされた」感が演出されてしまうのです。

 

くずしてるのじゃじゃなく、崩されてしまうわけですね。

こうなるとイ○ンなどのよくわからないコートを羽織ってる方がマシかもしれません。

 

その意味から、どちらかと言えばジャケットではなく、キメやすいスーツスタイルの方が雰囲気を出しやすいと思います。

 

また、あくまで遊びですから、スーツスタイルで毎日使うが如きはやはり避けた方がよいというのも感じます。

 

「お洒落な普段着」として

もちろん普段着から屋外の仕事、犬の散歩までオールマイティに使えそうだ、ということも購入の決め手であったわけです。

f:id:sonofabiscuit:20200201134134j:image

こちらについては想像以上に非常に使いやすい服です。

 

ジーンズにこれさえ羽織っときゃとりあえず外に出られる格好の出来上がり。合わせる服を選ばない汎用性。どんな格好をしようともこれ一着で雰囲気あるブリティッシュ•スタイルにまとめてくれ、休日のお父さんもただのお父さんじゃなくなります。

 

それでも、やはりどちらかというとキレイめの服の上に羽織った方が良さそうです。

 

スーツやジャケットと違い普段着ですから何に着ようが自由なわけですが、この服の野暮ったさの破壊力は侮れません。

 

作業着や犬の散歩、コンビニまでならまあいいとして、いわゆるお出かけの際は努めてインナーはキレイめを心がけなければならぬようです。

 

特にもワタクシ地方在住。田園風景や漁村の風景に意図せず溶け込んでしまいます。

 

f:id:sonofabiscuit:20200201131834j:image

(kuramotoso.jp)

油断するとフラノコレクションに。写真は黒板吾郎モデル。

 

メンテナンスについて

これについては、この服が「オイルドジャケット」という、防風や防水のために生地にオイルを塗り込んであるものであるがゆえ、巷では

  • 専用のオイルを自分で塗り込む必要がある
  • 車のシートにオイルがつく
  • クローゼット内では隔離する必要がある
  • 匂いがきつい
  • 満員電車で着るのはマナー違反

など、様々な噂が飛び交っており、私も大いに悩んだものです。

 

しかし、どれも気にする必要はほとんどない、というのが実感です。

 

もっとも、オイルメンテは必要(機能のみならず独特の風合いの維持のため)でしょうが、ショップの人によると3年はノーメンテで大丈夫とのこと。

f:id:sonofabiscuit:20200201134152j:image

もちろん何もしてません。

 

また、これまたネットでは「熱湯をかけて古いオイルを落とす」だの、「段ボール箱の中でドライヤーを当てる」だのクッソめんどくさそうなメンテ法が紹介されていますが、面倒ならショップに頼めばいいのです。

 

また、車のシートも全く気にせず使えます。

白の革に長時間とか、その辺りは検証してませんが、触れただけでオイルが付くなんてことはないのです。

匂いもほぼ無臭。強いて言えば服屋の匂いです。塗りたてはまた違うのでしょうか?

 

なお、この冬を迎える前の保管ですが、念のため裏返しにして他の衣服と一緒に吊るしていました。

 

それほど扱いの面倒なものではありませんね。

 

総評

以上のように、

  • オンオフ活躍するものの羽織る前の装いに気遣いを怠らぬこと
  • オイルは恐るに足らぬこと

がまとめとなるでしょうか。

 

まだ2年目、永く着て経年変化を楽しむものだとも言われており、もちろん廃れることのないスタイルの服ですから、言われるまでもなく多分死ぬまで着るでしょう。

 

さてBarbourについての駄文でネットの片隅を汚すことになる本日は、奇しくもBarbourを生んだイギリスがEUを脱退した歴史的な日と重なりました。

 

少なくともファッションに関しては「ブリティッシュ・スタイル」という世界のスタンダードを生んだ国。

私は言うに及ばず、およそ大人の装いに関心を持つ者で彼の国に憧れを抱かぬものはないでしょう。

 

カウントダウンで離脱を喜ぶ英国人のメンタルは計り知れませんが、人々の暮らしとブリティッシュ・スタイルを担う職人やファクトリーに幸多からんことを願いつつ、投稿ボタンを押します。カチッ。

[バブアー] ジャケット MWX0318-18AW メンズ セージ UK 38 (日本サイズL相当)
 

 サイズ感についてはよろしければこちらもどうぞ

 

www.kome100.com

 

田舎暮らしが始まったわけですが

今月から田舎暮らしを始めております。もともと地方生まれの地方育ちですが、そんな私でも田舎だなと思うのですから、一般の方から見たら超田舎の部類に違いないくらいの田舎です。なお酔狂でやっているのではありませんで、仕事です。

f:id:sonofabiscuit:20191227080456j:image

 

ともあれ、まだその一歩を踏み出したばかりですが、令和元年も早くも暮れようとしていますので、この辺で小括を試みようと思った次第です。

 

人生の楽園 いつか暮らしたい移住地

人生の楽園 いつか暮らしたい移住地

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: テレビ朝日
  • 発売日: 2015/03/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

田舎暮らしは不便か

まず、田舎暮らしを始めるにあたって不安に思ったことと、その実際はどうであったのかをつらつらと振り返ってみたいと思います。

 

その1 コンビニがない

 実は一番不安だったのがこれです。それほどコンビニ、とりわけセブンイレブンは私の生活の一部。下手すれば1日2回、時には3回は利用していたかけがえのない存在。1日の始まりに欠かせない朝のコーヒーは言うに及ばず、生活に必要なものはおよそ手に入ります。また、現金が必要な時にもATMがいつでも使えるのですから。

 

 翻って新天地。コンビニは町内にありません。それどころか、半径20km圏内にひとつもないのです!しかもどういうわけか、セブンイレブンではない方のやつしかありません。

 

 ・・・ところが、驚いたことに、コンビニの不存在は生活に全く支障になりません

 そうして気づいたのは、入るたびに買っていたコーヒーも、お気に入りのお菓子も、全てはそもそも必要のないもの、惰性の消費だったのだということです。

 気がついたら職場でもコーヒーを飲まなくなりました。

その2 ネット環境が脆弱

 田舎だろうが都会だろうが現代を生きるのに必須のものの一つがネット環境であることは論を待たないでしょう。もちろん、「繋がらない権利」なるものを追求する特異な向きを除いて、ですが。

 

 この不安に関しては、想像以上でした。何しろ、「人口カバー率90%」のWIMAXのサービス対象エリア外です。

 

 おまけに、少し歩くと携帯電話さえ繋がらないところが結構あります。

 

 結局、流石に繋がらないのも悪くない、とは思えそうになかったので、NEXTモバイルのモバイルルーターを契約して解消しました。WIMAXしか知らなかった私、多分遅いんだろうなとか思っていましたら全く問題ありません。ついでにスマホもモバイルルーターを介して使うことにして最安のプランに変更した結果、トータルの通信料は引っ越す前とほぼ同じになりました。

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

富士ソフト +F FS030W FS030WMB1

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Personal Computers
 

こいつにスマホとechoとパソコンをつなぎます。

 移動時は荷物が一つ増えることになりますが、総合的に考えるとやむを得ないでしょう。

 

その3 飲み屋がない

 それほど重視するものではないものの、やはり全くないというのは寂しいもの。おそらく飲むときは隣町まで行き、その時はもれなく宿泊がついてくるのだろうと思っていましたが、飲み屋は結構ありました。

 

 しかも、安くて美味い店が多いです。全国どこでも同じ悪酔いする酒や、なんか新鮮に見せるための液体をかけた刺身とかを出すチェーン店など当然ありません。おそらくこうした地元の店のあり方というのは、小さな町で長く商売をするために淘汰されるのと同時に、減っていく人口との関係で、うまく需給のバランスが保たれた状態なのでしょう。地元民の「残っている店はみんないい店」という言葉が象徴的でした。

 

 ただ残念なのは、住まいが田舎の中でもさらに外れの方(何しろWIMAX圏外)ですので、タクシーで帰ると2軒くらいハシゴしただけ余計に出費が嵩みます。あ、タクシーもありました!

 

 余談ですがわが町は飲酒運転の検挙率が県内最悪です。そういった飲み屋事情もあるのでしょうが、人口が少ないために一人検挙されれば県内最悪になるのだとか。

  

かように不安に対しては嬉しい誤算というか、概ねポジティブな評価をしている自分がいまして、これは田舎暮らしには興味はあれどイマイチこの辺りがネックになっている向きには多少参考になるかもしれません。

 

田舎暮らしは快適か

 それでは快適なばかりかというとそんなわけはない訳でありまして、光があれば影があるのが世の常。始まったばかりだけど今後の心配なところ指摘しておきたいと思います。とりあえず、

タバコを吸う輩がとても多い 

  偏見とのお叱りを受けるかもしれませんが田舎の喫煙率は高いです。50代以上の8割くらいは喫煙者じゃないかというくらいの印象です。

 思うに、第1次産業に従事する人が多く、彼らは元々周りに気を使う必要のない人々であるうえ、そのまま周りの言うことを聞かない中高年になってしまうため、分煙や禁煙という潮流さえどこ吹く風という構図なのではないかと思います。

 私はタバコの煙が大嫌いで、坊主憎けりゃ袈裟までというほど融通が利かない人間ではないものの、喫煙者の人間性を多少疑う程度ではありますから、周りにそういう人が多いというのは結構耐え難いものがあります。

 酒宴の場など一定時間閉ざされた空間にいる必要があるときにそんな状況だと(ほぼそんな状況ですが)最悪で、二日酔いのうえアルマーニに染み付いたタバコの臭いを嗅ぐ翌朝ほど不快なものはありますまい。

ファブリーズ ナチュリス 消臭スプレー 布用 ラベンダー&ユーカリ 本体 370mL

ファブリーズの消費がハンパないです。

あとは後日に譲ろうと思いますが濃い人付き合いをどう考えるかが、やはりすべてなのかなという予感はしています。

 

要はそこを味方にできるかどうかが田舎暮らしを快適にできるかどうかの鍵だという答えも、実際にはもう見えているわけですが。

八つ墓村

 

 

 

プロローグ〜超田舎暮らし〜

近々仕事で超田舎(漁村)に住むことになりました。

f:id:sonofabiscuit:20191128063442j:image

 

どのくらい田舎かというと、最寄りのコンビニまで20kmあります。しかも大好きなセブンイレブンではないタヌキの方。県立病院までは30km。基幹産業は漁業、高齢化率は4割です。

 

もともと田舎生まれの地方在住なので、そんな世界があることは知っていましたが、最近は地方と言っても地方都市と言われるところでは田舎だ田舎だとは言いつつも、生活に不便を感じることはそんなにないものです。

 

美術館だのスポーツジムだの舞台だの言わなければ、極端な話、ネット環境とコンビニがあればなんとかなりますものね。

 

しかし、今回はガチです。コンビニは上述のとおりであり、ネット環境だって怪しいものです。少なくともフレッツ光などの光回線はサービス対象外です。

 

最近はキャッシュレスを研究しているワタクシですが、もしかしたら、いや多分、キャッシュレスに対応している店自体がないかもしれません。かつて私もそうだったようにカードは借金だと思われている社会。

 

少なくとも、お上が進めるキャッシュレス・消費者還元事業に参加しているお店をアプリで検索しても、1件もヒットしませんでした。

 

とにかく、そんな田舎に住むことになりました。

 

しかし、確かに不便極まりないけど、人々の生活は確かにそこにあるわけだという点にはものすごく惹かれるものがあるわけです。

 

そりゃ家業があって家やら墓やらがあるから土地に縛り付けられて外には行けないんだってだけで、今は消滅までの過渡期に過ぎないことを知ることになるのか。

 

それとも、人口右肩下がりの過疎のまっただ中にあって、細く長く続いていく地域の持続性の光を見出すことができるのか。

 

その辺りのリアルってやつを、感じてみたいのです。

 

そして、どこぞのインフルエンサー()がいう、東京の人たちが移住したいようなネタが本当にあるのなら、そこに光を当てるような仕事やライフスタイルの実践ができたらと思うのです。

田舎暮らしの本 2019年 12 月号 [雑誌]

 

 

 

5%還元を使い倒すためにクレジットカードの使い分けを考えてみた(にわかマイラー編)

はじめに

消費税が10%に上がり、同時に国の「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まりました。

初耳の方は(いないか)先日記事を書きましたのでどうぞ。

www.kome100.com

 

これ、率直に言ってわかりにくい制度で、金が絡まなければ無視するレベルですが、なにしろ理解すれば5%が得をする、裏を返せば、わかりにくいと言って放り出したら5%損をする制度です。

こうした考えから、この1か月間、どうすれば得なのかをあれこれ考え、一定の(自分的)結論を見出しましたので、ご笑覧ください。

 f:id:sonofabiscuit:20191030214610j:image

ただし、本稿は、単に額面上の得をしようという話ではありませんで(それだったら、もっと話はシンプルだと思います)、以下の前提条件があります。「あ、自分もそうだな」という向きには何らかの参考になるのではないかと思います。

  • キャッシュレス・消費者還元制度を利用して、マイルを効率的に貯めたい
  • つまり、キャッシュバックより、ポイントバックがほしい。
  • それが、キャッシュバックよりもポイントのうえで「多少は」不利でもいい。

 

考察するクレジットカード

 

今回、この観点から考察するクレジットカードは以下のとおりです。もちろん、すべて保有しているものです。

1 ANA VISA ワイドゴールドカード

2 ORICOカード ザ ポイント

3 楽天カード

4 (番外)SPGアメックスカード

 

およそマイルを貯める、ということを考えると誰しもが行き着くラインナップと言えるでしょう。このほかにもこの3倍くらいのカードが半分死んでいますが。

 

1本に絞ることができればいいのですが、それぞれ長所短所があり、還元制度への対応も様々という事情も絡んでなかなかそうはいきません。 

以下、そのもっともお得(だと思う)使い分けを個別に考察します。

 
1 ANA VISAワイドゴールドカード 〜セブンイレブンとENEOS用〜

単純に、マイルを貯めるならANA VISA ワイドゴールドカードがよい。これは誰も異を唱えないだろうと思います。

 

何しろ、最低でも100円=1ポイント=1マイルです。

 

100円=1ポイント(円)は「高還元」を売りにするカードではよくありますが、1ポイント=1マイルに交換できるカードというのは、そんなに多くありません。

後に触れるORICOカードも楽天カードも、基本は100円=1ポイントですが、マイルにしようとすると、それぞれ60%50%です。

 

問題は、ANA VISAカードを発行する三井住友カードは、残念ながらキャッシュレス・消費者還元事業でポイントバックをしてくれないということなのです。引き落とし時に減算、つまりキャッシュバックです。ここがポイントバックだったらもうこのカード以外使わないというところでしたが、世の中そんなに甘くありませんでした。

 

しかし、最低でも100円=1マイル、工夫すれば1.3マイル(現在はもっと高還元率にできるようですが、近い将来、これが上限に)です。

また、ANA カードには、「ANA マイルプラス」という、特定の店舗で100円=2マイルになるサービスがあります。私がよく使うセブンイレブンとENEOSがこの対象店舗です。対象はそう多くありませんが、コンビニとガソリンスタンドはキャッシュレス・消費者還元事業においてポイントバックをしませんので、ここではこのANAカードを使う以外ありません

 

したがって、このカードの還元事業中の用途は「セブンイレブンとENEOS用」と結論付けたいと思います。

もちろん、ある程度使わないと年会費負けするので、これだけというわけにもいきませんが。後述するSPGアメックスと調整するとよさそうだと思っています。

 

2 ORICOカード ザ ポイント 〜還元事業で、クレジットカード払いに対応している店舗用〜

当初は、このカードが本命になるのだろうと考えていました。なにしろ基本が高還元であるうえ、キャッシュレス・消費者還元事業において「ポイントで返す」数少ないカードであるからです。

マイルに交換するときに60%になってしまうとはいえ、同事業で5%が上乗せされれば、

基本1%+同事業5%=%×0.63.6

つまり、100円で3.6マイルです。衝撃的です。

 

しかし、これまたそんなうまい話はそうそうなく、5%還元の店の多くが支払い方法をpaypayに限っているのです。我が地方だけかもしれませんが。

f:id:sonofabiscuit:20191030123056j:image

カードが使えても還元事業はpaypayだけだったり 

※この店はたまたまアプリで見つけただけのものです。実際どうなのかは知りません。

 

このpaypayがまた曲者で、10%還元とか煽っておきながら、還元はpaypay残高(つまりキャッシュバック)。…はまだ許せるとして、

・ヤフーカードかpaypay残高での支払い指定

・対象店舗も実はpaypayが使えるだけではダメ

など、非常にわかりにくいのです。上乗せサービスなのでありがたいとはいえ、事業をわかりにくくしている点では後述する楽天といい勝負で、大盤振る舞いしているのに、わかりにくさゆえによくよく調べた結果「実はそんなに得でもない」という印象になってくるから皮肉なものです。

 

ともあれ、そういう事情ですから、このカードはうまく対象に当たれば目論見通りになるものの、店側が対応していないと(上の例のように当店はpaypayによる支払いだけ5%還元です、となっていたりすると)大いに期待が外れることになりますので、店に入る前にアプリで指定支払い方法をチェックする必要がありそうです。でも、一度アプリの問い合わせ先番号に電話して聞いてみたら、「アプリも間違っているときがある」そうですから(なんだそれ。。)、実に悩ましいです。当の店舗側もよくわかってなかったりします。

 

ポイント還元と言っても財源が税金つまり他人の金ですから、店も決済事業者も案外いい加減。この辺りにも事業の危うさというか、どこか消費者置き去り感を感じるのは気のせいでしょうか。

 

脱線しましたが、以上のことから、このカードは還元事業で、クレジットカード払いに対応している店舗用とします。

Orico Card THE POINT

オールラウンダーです。

 

多くは、地元の飲食店、とりわけ飲み会用でしょうか。

蛇足ながら、paypayでヤフーカードではなくOricoを使ったらと考えるわけですが、1ポイントすらつかない結果になるようですので、paypayしか使えない店はpaypayをヤフーカードに紐づけて(又は残高で)払うしかなさそうです。ポイントがゼロならせめてキャッシュバック。道理です。

 

 

3 楽天カード 〜楽天市場用〜

個人的な話で恐縮ですが、私は楽天が嫌いです。

サイトの見にくさ、サービスのわかりにくさ。

以前記事を書きましたのでお時間のある方はどうぞ。楽天ファンの方は飛ばしてください。

 

 

www.kome100.com

 

 

サービスのわかりにくさ、ここではポイントのことについて述べますが、5倍だ10倍だと派手に宣伝をしておきながら、その多くは「期間限定ポイント」すなわち楽天グループの中でオマケ的に消費するしかないものです。

もちろんマイルになど交換できません

で、付くポイントが通常のポイントなのか、期間限定なのかは、散々サイト内を漁ってもさっぱりわかりません。

たまに、ものすごく小さな字で「〇月〇日までに使える期間限定ポイントとして進呈します」みたいなことが書いてあります。

私自身、いまだに正しく理解していないと思います。

ただ、上記のpaypayに続けとばかりに上乗せ事業をやっていますが、上乗せ事業分はすべて期間限定ポイントのようですから、やっぱり「そんなに得でもない」と思います。

 f:id:sonofabiscuit:20191030123244j:image

通常ポイントならありがたいのだが

 

かように相変わらず私的好感度のあがらない楽天ですが、マイルの足しにすることを考えると、ネットショップだけは楽天に軍配が上がりそうです。

なぜなら、楽天市場での1〜3のカードの最大の「マイル還元率」は以下のようになります。

 ANA VISA 2.0%(ANAマイレージモール経由で+1.0%)

 Orico 3.9%(基本1%、オリコモール経由で+0.5%、還元事業+5%店舗の場合。マイル交換率×0.6%)

 楽天 4.0%(基本3%、還元事業+5%店舗の場合。マイル交換率×0.5%)

一方、ネットショッピングの雄Amazonですが、残念なことに還元事業は「その場で値引き」方式です。 

 

したがって、ネットショッピングだけは、見にくさを我慢して楽天市場、かつ、おとなしく楽天カードを使うべきかと思います。

 

4 (番外)SPGアメックス 〜地道に使いたい〜

キャッシュレス・消費者還元事業におけるアメックスは三井住友同様にキャッシュバックであり、しかもANAカードのような「マイルが倍貯まる場面」のようなエッジがないため、基本的に本テーマでは蚊帳の外と言ってよいのですが、あえて触れておきたいと思います。

 

このカードですが、年会費は高額ですが、「高級ホテル無料宿泊特典」があるから元はとれるな、と思って保有しているのですが、ANA VISAワイドゴールドとの交換率が徐々に縮小してくると、このカードの交換率(1.25%)の魅力が反対に大きくなってくるように感じます。しかも、こちらのカードではANAだけでなくJALのマイルにも交換できます。

 

したがって、このカードについては、ANA VISAワイドゴールドとの使い分けという位置づけで、地道にポイントを積み重ねるために使いたい。

すなわち、還元事業の対象外で、ANA マイルプラス対象外の実店舗用と結論付けたいと思います。

 

 

まとめ

キャッシュレス・消費者還元事業。当初現金以外はすべてポイントで返ってくるおいしい話かと思っていたら、対象となる支払い方法が店ごとに決まっていて、しかもポイントで返さないpaypayなどのコード決済が優位ということで、個人的にはだいぶ拍子抜けしました。

 

もっとも、消費増税の負担感を軽減するためにはキャッシュバックが本筋でポイントをマイルにしようなんて輩を顧みる必要はないのかもしれませんが、クレジットカードを発行できない人間でも使える決済手段だけが目立つキャッシュレス社会ってどうなんでしょうかねと皮肉の一つも言いたくなります。

 

ともあれ、制度が終わる20206月までは、本稿で整理した戦略でささやかながら馬鹿にできないポイントバックのプチバブルを享受しようと思うのであります。

 

キャッシュレス覇権戦争 (NHK出版新書)

キャッシュレス覇権戦争 (NHK出版新書)